h1タグに、サイトのタイトルとページの主題を上手くおさめる方法


 
h1タグの使い方は、なかなか悩ましいと、思う。
サイトを作り始めて頃は、CSSのリセットなんて知らなかったから、文字が大きくて行間たっぷりで、扱い難くてしょうがないので、無視していた。
しかし、やっと、その重要性は理解したのだが、今度は、なにを書くかで悩むことになる。
そして、なにしろページの一番はじめにくるのだから、その体裁も大いに重要。


h1タグに上手にスタイルを設定してみよう!

h1タグのお約束

  • そのページを表す主題を書く。
  • 1ページに、1回しか使えない。
  • 他のブロック要素を含むことは出来ない。
  • 階層の頂点に立つ

h1タグやその他のhタグについての詳細は、こちらをどうぞ!

主題を書くことは、簡単だ。
なにしろ、自分が作っているホームページだ。、そのページで言いたいことは、作っている本人が一番わかっている。
問題は、それをどう見やすく、ページにおさめるかだ。

h1を配置したヘッダーを実際に作ってみよう!

例えば、ホームページのタイトルが「メンメン麺」というサイトだったとします。

ヘッダーのサンプル画像

うわ……、よっぽど麺好きなんだね…………

好きですよ~~~♪

このヘッダーは、各ページ共通にしたいので、ホームページのタイトルである「メンメン麺」は、必ずヘッダー内の一番はじめに表示させたい。
そうなると、当然、この「メンメン麺」は、【h1】タグをふることになる。
でも、このページのタイトル(主題)も、【h1】タグに書きたい!
さて、どうすれば、いいかしら?

【h2】じゃ、ダメなの?

ダメってわけじゃないけど、
【h1】は、このページの主題を表すタグでしょ。
登録してやってもいいよ~~って見に来てくれた検索エンジンのロボット君も、「メンメン麺」だけじゃ、イミフ(意味不明)だと思うのよね。
やっぱり、ちゃんと、このページの主題も書いておかないともったいないじゃない。

じゃぁ、サイト名、かえれば? 
「麺百科」とかさ。これなら何となく意味がわかるじゃない。

それは、イヤなの!! こだわって、つけたんだから!

こだわって……つけた……だって?
どこが???

五月蠅い!

じゃぁ、素直に、「メンメン麺」に、続けて、「全国ラーメン比較 麺の太さを比べてみる!」って、書けばいいじゃん!

ヘッダーサンプル画像

書いたわよ!

いやー、さすがに、それは、ないんじゃない?
【h1】として書きたいのなら、 「全国ラーメン比較 麺の太さを比べてみる!」の部分に、【span】を使って文字の大きさを変えたり、余白を取れば、いいじゃない?

あら、なかなか、わかってきたじゃない!

ヘッダーサンプル画像

<h1>メンメン麺<span>全国ラーメン比較 麺の太さを比べてみる!</span></h1>
h1{
  font-size : 24px;
  font-weight : bold;
  color : #ffffff;
  background-color : #bd0000;
  padding-top : 10px;
  padding-left : 30px;
  padding-bottom : 10px;
}
h1 span{  
  font-size : 14px;
  padding-left : 20px;
}
/* CSSリセット前提 */

う~~~ん。
もう少し、捻ったヘッダーにしたいな……
2段にして、間に線を入れたいな!
こんな風に……↓↓↓

ヘッダーサンプル画像

えっと、ボーダーを使うってことだよね……
でも、ボーダーは、そのタグを囲むようにしか引けないから、
二段にするなら、【h1】タグの下に、【p】タグを入れるしかないんじゃない?
そうすると、【h1】タグの中には、ページのタイトルが入らないけど、それは、我慢。

タグイメージ参考画像

この場合、ボーダーは【h1】の下方向か、【p】の上方向に設定することになる。

<h1>メンメン麺</h1>
<p>全国ラーメン比較 麺の太さを比べてみる!</p>

ページの主題をPちゃんに、入れるなんて、ダメじゃない?
本当に、我慢するしかないのかな?
他に方法は、本当にないのかな?

うわ、もったいぶった言い方。感じ悪いーー

span を「ブロックレベル」化すれば、いいのです!

h1のスタイル設定

CSSの概念図

まず、大見出し【h1】の内側の余白(パッディング)を設定する。最初は適当でOK。
(画像の緑色の点線の外側が、パッディングの部分)
あとは、背景色や文字の大きさのスタイルを設定。

spanのスタイル設定

スタイルの概念図

間に入れるボーダーは、このspanの上方向に指定。
「メンメン麺」との文字の間隔も、このspanで設定。
インライン要素のspanは、ブロックレベル化しているので、上下のマージンの設定も可能で、パッディングの上下も行間を無視することもない。→インライン要素の特徴は、こちらから。

サンプルページは、こちらからどうぞ!

<h1>メンメン麺<span>全国ラーメン比較 麺の太さを比べてみる!</span></h1>
h1{
  font-size : 24px;
  font-weight : bold;
  color : #ffffff;
  background-color : #bd0000;
  text-indent : 12px;
  padding-top : 10px;
  padding-left : 30px;
  padding-right : 30px;
  padding-bottom : 10px;
}

h1 span{  
  font-size : 14px;
  padding-top : 7px;
  padding-left : 27px;
  border-top-width : 1px;
  border-top-style : solid;
  border-top-color : #cecece;
  display : block;
}
/* CSSリセット前提 */

【h1】に、【text-indent : 12px;】という、スタイルがあります。
これは、線より文字を気持ち内側に入れたかったので、使っています。
いつもは、パッディングで指定しますが、ここでは使えないので、インデントを使いました。
この値は、spanにも継承されるので、左のパッディングを設定する場合は、いつものように設定すると、左、空き過ぎってなっちゃうので注意してね。

他の設定は、サンプルページのソースを開いて見てください。
なお、このCSSは、リセットCSS前提のスタイルです。→CSSのリセット

サンプルページ画像

↑↑↑は、spanに 【margin-top】を広めに設定したものです。
結構使えると思うのですが。
サンプルページは、こちらから

完全に、遊んでるよね??

いや~今回お借りした素材屋さんに、レース素材があったので、
ついつい、使いたくてさ^^;

これは、別に、【H1】だけけではなく、ほかのHシリーズでも使えると思いますよ。
↓↓↓これは、【h2】を前提にしました。

サンプル画像
サンプル画像

サンプルページは、こちらから

htmlは、たったこれだけ!

<h1>メンメン麺<span>全国ラーメン比較 麺の太さを比べてみる!</span></h1>

それでも、いろんな表現が出来るCSSって素晴らしい! って、改めて思う管理人でした!

今回利用した素材のご紹介

「和風素材の篆刻素材AOI」
こちらは、一味違った素材が豊富。洒落がきいているというか、ひと捻りあるというか。
見るだけでも楽しいサイトですよ!
各々の素材ページへ ・ラーメンの背景素材 ・レースの背景素材
「シルエットデザイン」
ハイビスカスは、こちらのシルエットを使って、GIMPで加工をしたものです。
ただ、DLファイルが、AIファイルなのでGIMPで、直接開けません。(別途設定が必要です。)開き方については、別の機会に、書きます。
こちらを見てね!→フリーソフトで、AIファイルを開く方法

 
 

次回は、AIファイルについて書こうかな~~と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Post Navigation