1カラムの簡単なページを作る 補足1 外部スタイルシートのつくりかた

スタイルの設定の仕方の種類

1.HTMLタグに、直接書く

推奨されていませんが、ここだけ色を変えたい!って言う時便利です。
このブログ内では、よく使っている、これです!
いまのは、SPANといタグをにスタイルを設定したのですが、
今まで出てきたタグ(DIVとかPとかH1とか)に設定出来ます。

2.ページに、直接書く。

1カラムのページを作ってきたのが、このスタイルです。
ピコピコ作ったものは、同じページに書かれていたのです。

3.外部のファイルに書く

これが、外部スタイルシートって言われるやつです。
2の方法でもいいのですが、何ページも同じスタイルを使うのであれば、使い回しが出来るので、便利です。
また、2の場合沢山のスタイルが書かれているとページの容量が大きくなります。
それが何ページもあることに、なるわけです。

ビルダーで外部スタイルシートを作る

今回は、外部スタイルシートの作り方を説明しますね!
1の直接書く方法は、また今度ね。

えー、今度っていつよ?!

えっと……画像作るの大変なんですよ(>_<)

スタイルシート操作画面

スタイルシートマネジャを開く。

スタイルシート情報の下の赤の囲みの部分。
ここには、いま作っているページの名前が表示されています。
開いた時は、青で反転しているので、わかりやすいと思います。
必ず、いま作っているページを選択してから、これかの操作を行ってください。

例えば、indexページなら、Index.htmlとなっています。

あーー、新しいページの名前まだつけてない! って、方もご安心くださいね。
ページの名前が決まったら、ビルダーが勝手に変えてくれます。

外部スタイルシートの追加出てきたボックスの参照をポチです。

外部スタイルシート操作画像

次は、スタイルシートを保存する場所とファイルの名前を設定します。
場所は、いま作成中のビルダーのファイルです。
私は、CSSというフォルダーを作ってそこに入れています。
ファイル名は、何でもOKです。

入れたら、開くを押す。

外部スタイルシート追加操作画面

外部スタイルシート名のとことにファイルの場所とファイル名が入ります。

問題なければ、OK

外部スタイルシート追加操作画面

画面のように、いま作成中のファイル直下に作成したCSSファイルがあれば、完成です。
また、スタイルシートは、同手順で、いくつも追加することが出来ます。

外部スタイルシート操作画面

スタイルの追加や編集は、
スタイルシート情報から、スタイルシートファイルを選んで、

青く反転させてから、追加を押します。

また、編集は、CSSエディタで編集でも出来ます。
慣れてきたら、挑戦してみてください。

設定する方法は、これに限りません。
ご自分のやり易い方法でやってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Post Navigation